初夏のインテリア―ナンセンスカタログ4343

2022/06/15 Wednesday

2022 Early Summer nonsensecatalog:4343
明日明後日16日(木)、17日(金)は定休日です。
週末またお待ちしております。

瀬戸浩、陶芸家、ストライプ板皿、角皿、菓子皿、茶道具、モダン陶器

瀬戸浩、陶芸家、ストライプ板皿、角皿、菓子皿、茶道具、モダン陶器

瀬戸浩、陶芸家、ストライプ板皿、角皿、菓子皿、茶道具、モダン陶器

▼商品情報▼
1974年〜、日本
作:瀬戸浩(Hiroshi Seto)(1941-1994)
20×20、H2.8cm
SOLD un#
ブルーパープルのニュアンスある釉薬に銀彩(ラスター彩)のストライプ文様がモダンな板皿は陶芸家・瀬戸浩による1974年以降の作品。

水菓子や紫陽花の上生菓子など透明感ある夏菓子をのせたら素敵だろうな〜と妄想中です!

商品のお問い合わせはこちらから。
通販ご希望の場合はこちらから。

  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • pinterest

初夏のインテリア―ナンセンスカタログ4342

2022/06/15 Wednesday

2022 Early Summer nonsensecatalog:4342
〜水芭蕉の花が咲いている
夢見て咲いている水のほとり〜
童謡「夏の思い出」より。

北岡文雄、木版画、額装、春のサロベツ原野、利尻富士、水芭蕉

北岡文雄、木版画、額装、春のサロベツ原野、利尻富士、水芭蕉

▼商品情報▼
1990年、日本
作:北岡文雄(Fumio Kitaoka)(1918-2007)
額:55×68、D2cm
¥15.000-(税込)*額込み、エディションAP
こちらの版画に描かれたのは、尾瀬ではなく、北海道のサロベツ原野。
水芭蕉咲くサロベツ原野から望む雨の利尻富士がなんとも憂いを帯びた郷愁誘う作品です。
本来、水芭蕉は雪解けとともに開花する春の花ですが、標高の高い地域では7月でも見られるようです。
また童謡「夏の思い出」の影響や、俳句では夏の季語とされていることもあり「夏」のイメージを持たれている方も多いようです。

花言葉は「美しい思い出」「変わらぬ美しさ」、、、
これからの夏のインテリアにもおすすめです!

商品のお問い合わせはこちらから。
通販ご希望の場合はこちらから。

  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • pinterest
pagetop