最新店内情報。

2020/03/25 Wednesday

民芸陶器、民陶、益子焼、平清水焼、和食器、ヴィンテージ、クラフト

明日明後日は定休日です。

春野菜との相性抜群な古手の民陶が入荷しています!
旬の美味しいものをたくさんいただいて一人ひとりが元気でいることが一番です!

厳しい日常が続きますが、できることはしながら、、、
週末お近くのみなさまには気分転換にでもお立ち寄りいただけたらと思います。

*少ない入荷になりますので店頭にてご覧いただけたらと思います。
(通販はお受け出来ませんのでご了承ください。)

  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • pinterest

春のインテリア―ナンセンスカタログ3752

2020/03/24 Tuesday

2020 Spring nonsensecatalog:3752
「美しい」につきます!!

イタリアムラノ、ベニーニ、タピオヴィルカラ、アートピース、ガラスベース、lapponi、tapiowirkkala、1966、veniniglass

イタリアムラノ、ベニーニ、タピオヴィルカラ、アートピース、ガラスベース、lapponi、tapiowirkkala、1966、veniniglass

▼商品情報▼
1966年、イタリア/フィンランド、Venini(ベニーニ)
デザイン:Tapio Wirkkala(タピオ・ヴィルカラ)
φ11、H21.5cm
¥80.000-(税込)
タピオ・ヴィルカラとイタリア・ムラノガラスを代表するベニーニとのコラボレーション作品 “Lapponi” ガラスベース。
国内はもちろん世界的にもなかなか流通しない希少なコレクションです!!
ぜひご覧いただければと思います。

商品のお問い合わせはこちらから。

  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • pinterest

春のインテリア―ナンセンスカタログ3751

2020/03/23 Monday

2020 Spring nonsensecatalog:3751
連休の暖かさからの寒の戻り。
みなさま万全な体調管理を!
オレンジ味を帯びた輝きがリッチで温かみを感じさせる銅アイテムいろいろ。

銅器、真鍮、花器、ベッドウォーマー、銅鍋、アンティーク

フレンチヴィンテージ、ベッドウォーマー、銅鍋、m.delalande、炭入れ

花器にプレート/トレー、
そして2枚目にあげたアイテムは分かりますか?
調理器具かと思いきや、なんと“ベッドウォーマー”なんです。
暖炉の残り炭を入れベッドに差し込んでアイロンのように動かして温める、フランスやイギリスなどでは昔からある道具のひとつ。(本来は長い木柄がつきます。)
日本でいうところのアンカや湯たんぽ的な感じでしょうか。

▼商品情報▼
ベッドウォーマー
フランス、M.DELALANDE
W39、φ30、H9cm
¥10.000-(税込)
百合の紋章が素敵なこちらは、フランスM.DELALANDE製のヴィンテージ。
今なら、ポプリなど香りものを入れて飾ったり、暖炉のある方は炭入れ(火消し壺)がわりにいかがですか。

▼商品情報▼
真鍮(黄銅)プレート
φ28、H1cm
¥3.000-(税込)*在庫7

▼商品情報▼
銅筒花器
φ15、H35cm
¥5.000-(税込)

商品のお問い合わせはこちらから。

  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • pinterest

春のインテリア―ナンセンスカタログ3750

2020/03/22 Sunday

2020 Spring nonsensecatalog:3750
そろそろお茶にャーしませんか!
*招き猫ではありません!
れっきとした猫型ティーポットです。

ヴィンテージ、茶器、中国陶器、ティーポット、猫型、ねこ、土産物

ヴィンテージ、茶器、中国陶器、ティーポット、猫型、ねこ、土産物

▼商品情報▼
1970-80年代、中国
W15、D8、H15cm
¥2.500-(税込)
当時のお土産品のようです。
ちょっとキッチュな感じがツボに!

商品のお問い合わせはこちらから。

  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • pinterest

北沢緑道の桜。

2020/03/22 Sunday

2020、桜、北沢緑道

あけび籠、籠バッグ、ヴィンテージ

店からすぐの北沢緑道の桜も開きはじめました!
お花見散歩の途中にもお立ち寄りいただけたらと思います。

2枚目は、
市場かごにもできそうな特大あけび籠バッグ!
美味しい食材をたっぷり入れて、春のキャンプやピクニックに。
(と言いながら、すでにお嫁入りが決まっておりますが記録として、、失礼します。)

  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • pinterest

春のインテリア―ナンセンスカタログ3749

2020/03/21 Saturday

2020 Spring nonsensecatalog:3749
“魚籠”という名の作品です。
使い込まれ時を経て、
灰褐色に経年変化したその貫禄ある表情、佇まいは、もはや古道具ではなくアート作品のようです。

古い魚籠、古道具、竹籠、アンティーク

▼商品情報▼
日本
W22、D19、H37cm
SOLD un#

商品のお問い合わせはこちらから。

  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • pinterest

春のインテリア―ナンセンスカタログ3748

2020/03/20 Friday

2020 Spring nonsensecatalog:3748
今にもぽとりと堕ちそうな椿に、、、
いよいよ春を感じて、、

籐籠花入、竹工芸、数馬竹祐、和モダン、ひょうたん籠、掛花入、茶道具

▼商品情報▼
日本
作:数馬竹祐
φ9、H25cm
¥8.500-(税込)*デッドストック品
数馬竹祐作、籐ひょうたん籠花入。これからの季節のしつらいに。

商品のお問い合わせはこちらから。

  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • pinterest

春のインテリア―ナンセンスカタログ3747

2020/03/19 Thursday

2020 Spring nonsensecatalog:3747
明日「春分の日」は通常通り(13-20時)営業いたします。
今にも開きそうな花芽の膨らみを思わせるような清らかで生き生きした美しさです。

ガラス工芸、益田芳徳、走泥社、モダンクラフト、花瓶

▼商品情報▼
1970-80年代、日本
作:益田芳徳(Yoshinori Masuda)(1934-2010)
φ15、H24cm
SOLD i#
現代ガラス作家、益田芳徳(1934-2010)による硝子花瓶。
益田氏は、「前衛陶芸」「オブジェ焼き」という新しいジャンルを開拓した、陶芸集団「走泥社」同人として活動。(1971年加入)
花瓶である前にひとつの造形作品として魅せられるのも納得です。

商品のお問い合わせはこちらから。

  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • pinterest

春のインテリア―ナンセンスカタログ3746

2020/03/18 Wednesday

2020 Spring nonsensecatalog:3746
本日のティータイムは、
デンマークの現代陶芸家、Helle Allpassのマグカップで。

デンマーク陶芸家、helleallpass、マグカップ、ジャグ、現代陶芸、やきもの

▼商品情報▼
1970-90年代、デンマーク
作:Helle Allpass(ヘレ・アルパス)(1932ー2000)
マグ:φ8、H10cm/SOLD in#*デッドストック
ジャグ:φ12、H17cm/SOLD u#*デッドストック
デンマークの現代陶芸家、ヘレ・アルパスのマグカップとジャグ。
その日本のやきものにも似た作風に親近感が湧くようです。
適度な重さに持ちやすいすっきりとした造りは、毎日のコーヒーブレイクにも。
昨日のガラス器に続き、彼女の作品もまた京都国立近代美術館に収蔵されています。

商品のお問い合わせはこちらから。

  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • pinterest

春のインテリア―ナンセンスカタログ3745

2020/03/17 Tuesday

2020 Spring nonsensecatalog:3745
どこか色香を感じさせます、、

ガラス工芸、イギリス人作家、ガラス器、ピッチャー、stevennewell、flatjug、京都国立近代美術館

ガラス工芸、イギリス人作家、ガラス器、ピッチャー、stevennewell、flatjug、京都国立近代美術館

ガラス工芸、イギリス人作家、ガラス器、ピッチャー、stevennewell、flatjug、京都国立近代美術館

ガラス工芸、イギリス人作家、ガラス器、ピッチャー、stevennewell、flatjug、京都国立近代美術館

▼商品情報▼
1979年〜、イギリス、art for glass
作:Steven Newell
17×10、H25cm
¥15.000-(税込)
イギリスのガラス作家、Steven Newellによる“Flat Jug”。
端正なフロスト加工の本体と有機的なクリアのハンドルとのあやういようでいて絶妙なバランスがなんとも美しく、花を添えた時のフロスト越しに透ける葉や茎がまた色っぽく、、、
国内では知る人ぞ知る作家ですが、その作品は京都国立近代美術館に収蔵されています!

商品のお問い合わせはこちらから。

  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • pinterest
pagetop