初夏のインテリア―ナンセンスカタログ3561

2019/05/28 Tuesday

2019 Early Summer nonsensecatalog:3561
暑さはおさまったものの、、、
雨を前に少し蒸しているような、、、
空気と気持ちの入れ替えに、
お香など香りものを愉しむのもいいですね!
と、そんなイメージで仕立ててみました!

香道、しつらえ、香合、たんころ、洗眼瓶、竹敷台、香台、宮川征甫、一刀彫

竹芸家の宮川征甫作の竹敷台に設えたのは、
古い洗眼瓶を一輪挿しに、灯明皿をお香立てにみたてたものと、
飛騨一位一刀彫、津田亮友作の茄子香合。

▼商品情報▼
竹敷台
1960年代、作:宮川征甫
38×21、H5cm/¥15.000 -(税込)

茄子香合
作:津田亮友(飛騨一位一刀彫)
8×3.5、H3.5cm/¥6.000 -(税込)*共箱

洗眼瓶
W12.5、φ8、H11cm/SOLD in#

灯明皿(たんころ)
1850〜年代、日本
φ6、H5cm/SOLD i#

商品のお問い合わせはこちらから。

関連商品はこちら

  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • pinterest
pagetop